top of page

ルルちゃんは、9歳の女の子です。1週間ほど前に子宮内に膿が溜まってしまう「子宮蓄膿症」になってしまいました。


ルルちゃんは手術で卵巣と子宮を摘出しました。術後経過がよく、元気に過ごしております。

今日は抜糸で来ていただきました。ごはんもよく食べているとのことです。体重が増えやすくなりますので、気をつけてくださいね。



当院では、子宮蓄膿症を起こしてしまったわんちゃんやねこちゃんに関して、麻酔がかけられそうであれば手術をおすすめさせてもらっております。13歳くらいの子でもかなり麻酔に気をつけながら手術させていただいた子もいました。


電気メスの機械です。この機械のおかげで子宮蓄膿症の手術も比較的短時間で終えることができます。脾臓摘出なども大助かりです。


ルルちゃんもこの機械に助けてもらいました。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

中毒

Comments


bottom of page