top of page

獣医療とまったく関係のない内容ですが、


飼っていたクワガタが亡くなったので、標本を作りました。


そこまで難しい作業ではないと思うのですが、はじめってやってみるとわからないことだらけでした。


亡くなってしまっている個体なので、形を整えるためにお湯で温めて筋肉をほぐすのだと思うのですが、力のかけ具合ががわからず「腕がもげるのではないか」と思ったり、また、体の真ん中部分に針を刺すのですが、これも力加減がわからずで、形を壊しそうでひやひやしながら作りました。


1個体だけなのですが、お湯で解して、体を整える作業で30分くらい要し、ピンで止める作業もけっこう時間かかりました。




形を整えるためにまち針で、クワガタがしっかり乾燥するまで固定しました。ネットの情報を見ると1ヶ月おかないとダメだみたいなことが書かれていましたが、2週間くらいで外してしまいました。でもしっかり固定されていそうでした。


夏休みの自由研究で、クワガタやカブトムシの標本を20体も40体も作って持ってくる子がいたのですが、すさまじい努力があったことをこの年齢で知ることができました。改めて尊敬しました。


いい経験ができましたし、この機会をくれたクワガタさんに感謝したいと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

昨日記事を載せさせた柴犬の迷い犬さん、昨日の夜飼い主様がみつかったとのことです。 大変ご迷惑おかけしました。また、記事をシェアしていただいきご協力いただいた方には感謝申し上げます。本当にありがとうございました。 飼い主さんみつかって本当によかったです。

bottom of page